姉妹都市ロングビーチ市への派遣高校生・教師の募集

   四日市市は、1963年(昭和38年)に米国ロングビーチ市と姉妹都市提携を結び、交流してきました。
   1965年(昭和40年)からは、隔年で高校生2名と教師1名(通称:TRIO)の派遣・受入事業を行っており、今年はTRIOを派遣します。
   本事業を四日市国際交流センターが四日市市から受託し運営します。ロングビーチでのホームステイや交流事業を通じて、
   異文化理解を深め国際感覚を養うために応募してみませんか?

     

         「ロングビーチ市庁舎」「全米日系人博物館」を訪問する前回の交換学生・教師の皆さん

●派遣期間…平成30年7月22日(日)〜8月10日(金) (20日間)
●派遣人数…高校生2名・教師1名
●資格:高校生…四日市市内在住の人 教師…四日市市内在住もしくは市内の小・中・高等学校に勤務する人
●人選基準…@四日市市及び日本の文化や習慣を理解し、親善大使として積極的に活動ができる。
      A心身ともに健康で、明るく協調性があり、ホームスティや学習を通じて意欲的に国際交流を図ることができる。
      B基本的な英会話の能力を有することが望ましい。
      C帰国後も国際交流など本市の国際化に向けて積極的に協力できる。
      Dスポーツ・音楽などの特技を有することが望ましい。
●推薦…@高校生は、各高等学校校長から、各校につき3名以内の推薦とする。
    A教師は、各小・中・高等学校長から推薦するものとする。
●選考・決定…高校生・教師いずれも、書類審査、日本語及び英語の面接試験による選考のうえ、決定する。
       ※面接試験は5月13日(日)に実施します。(時間は後日連絡します)
●提出書類・締切…各学校長は、次に掲げる書類各1通を5月6日(日)17:00【必着】までに、四日市国際交流センター宛に提出する。
         @学校長推薦書
         A願書(本人の写真(パスポート用程度の大きさ)貼付のこと)
         B応募の動機など(市販の原稿用紙で800字程度の小論文)
●経費…渡航費の1/2(ただし10万円以内)を自己負担額として、出発前に徴収する。
    個人的な経費(パスポート取得経費、自由行動時の諸経費など)は自己負担とする。
●その他…渡航に要する諸手続きは、事務局が一括して行う。
     出発までに所定の事前研修を4回程度受けていただきます。

   募集要項 願 書   推薦書

  
●応募先・問い合わせ先…四日市国際交流センター
           〒510-8601 四日市市諏訪町1−5四日市市役所北館5階
           TEL059-353-9955  FAX059-355-5931
           (開館時間:9時〜17時、月曜・祝日休館)
  


※ PDFと表示されているファイルを参照するには、Adobe Reader(専用ソフト)が必要です。
下のリンクをクリックすると、無料でダウンロードすることができます。
http://get.adobe.com/jp/reader/ へのリンク